おいしい見分け方

いつでも積極的に摂りたいのが野菜、この美味しい野菜の見分け方を今回は紹介しようと思います!!なんでもそうですが、美味しく食べられるものはより美味しく食べたいですよね!!食いしん坊な私は特にその願望が強い!(笑)

この見分け方はまずは、全体的に色が濃く鮮やかで、肌が滑らかでつやのあるものがいいとされています。また、頭の切り口を見て、中芯の直径が小さなものがいいのだとか、あとは加えて私がよく見るのがその部分がみずみずしいかどうか、そこが潤っていたら収穫されたばかりという事が分かりますよね。たまにこの部分が枯れ始めていたり・・・あとは、ここがかすかすになっていたりするので、この切り口は重要!

そして、葉物の見分け方は歯の色が濃くてみずみずしくつやのあるものがいい!と言われています。葉が白く変色しているものは基本的には選ばない方がいい!!虫に噛まれたりして何枚かはがされているものも、当然ですが品質は劣るのだとか。そして葉巻がしっかりしていて、手に持った時にずっしりと重量感があるもの、と言うのも重要。キャベツに関しては春キャベツと冬キャベツがあって、それぞれ特徴が違うのですが、春キャベツは柔らかくて弾力のあるもの、冬キャベツは固くて見た目よりも重たいもの、を選ぶといいのだとか。

そして、この時期にはお鍋などでよく出てくるネギ。これに関しては白い部分が長くてつややかで柔らかいものを選ぶのが基本。白い部分はあくまでも白く、葉は先の方まで緑の鮮やかなものを選ぶのが基本。私も以前失敗したことがあるのですが、表面がカサカサ乾いたものは固くて風味がないので避けた方が無難・・・。

そして、ちょっと難しいのは玉ねぎで、これは表面の皮がパリッと乾いているもので、つやがあることが大事!皮の色は薄いものよりも濃い方がいいですよ!なんて・・・主婦歴の短い私が言っても・・と言う感じですが、一研究科の意見も入っているので是非この方法をお試しあれ!!

脱毛ラボ.cc